【主婦の再就職】無職期間が長い人がおさえておきたい ポイント5つ

work

azurecoインストラクター
azurecoインストラクター
azurecoです。フルタイムで働く人生経験値が高めな主婦です。

  • スキルに自信がないけど家計のために再就職したい
  • 結婚や子育てでブランクがあり再就職が不安
  • 主婦が社会復帰のため就活に臨むコツって何?

再就職を考えているけど無職期間が長かったので気おくれしている

そんなお悩みをお持ちの方向けの記事になります。

結論から言うとポイントは下記の5つ

  1. 無職期間について理由を面接向けに簡潔にいう
  2. 応募先の採用条件を事前に把握する
  3. 仕事につながるキャリアやコネを見直す
  4. 自己アピールするために自己分析する
  5. 応募先の採用のニーズを読み解く

 

【主婦の再就職】無職期間が長い人がおさえておきたい  ポイント5つ

スポンサードサーチ

無職だった期間について理由を簡略的に言えるようにする

 

再就職をする時には、無職になっている期間について事前に考慮しておく必要があります。仕事をしないブランクが長くなると再就職に思いがけず影響を与えてしまうこともあります。

就業中の会社を退職してから、新しく再就職先を探すまでどんなスケジュールで動くかは個人差がありますが、もしもその間ずっと就職活動をしていたとしても、仕事をしていない期間が長過ぎると就労意欲に問題があるのかと警戒されてしまうことが。

面接でネガティブと思われにくい対応を下の図にまとめてみました。(クリックすると大きくなります。)

 

仕事をしていない期間が長い(だいたい3か月以上のブランクがある)人は、その理由を問われたときに相手が納得する答え方ができるようにしておきましょう。

 

 

再就職時には採用条件を事前に把握する事が大切

 

どんな人でも、再就職をすることは可能だと思っている人もいるようですが、会社は世の中の平等性を考えての採用してはいないようです。

たとえ再就職のための求人情報がオープンになっていたとしても、採用の条件をクリアしていることが前提になっています。

見方によっては不平等と言えるかも知れませんが、採用時には必ず選考が行われるので、仕方がありません。

その人その人の能力適性や今まで積み上げてきた実績は違いますので、扱いが異なることはやむをえないでしょう。



スポンサードサーチ

再就職につながるキャリアやコネクションがあるか

 

仕事が見つからなかったのには、何か理由があると思われても仕方がありません。退職後、早いうちに再就職が決まった人のほとんどは、友人や知人による紹介というデータもあります。

どんなにスキルが高くても、評価してくれる人がいない限りは、再就職を希望しても望みどおりの結果を得ることは困難であるともいえます。

友人や知人の紹介があると再就職が容易になるとはいえ、業種によっては確実ではありません。

再就職につなげるキャリアやコネクションを持っていない人も少なくありませんので、その場合は残念ながら再就職先探しは困難になります。

また、十分な資格やキャリアを持っているのに再就職先探しに苦労しているという人も。

再就職を希望している人は、好条件の再就職はなかなか難しい面もあるという事を理解しておく必要があります。

 

【資格】女性の再就職に有利な資格取得の方法!年代キャリア別に解説

的確な自己アピールするには充分な自己分析が必要

 

「あなたの強みと弱みはなんですか?」

採用側の条件はもちろんのこと自分が持っている経験や能力についても把握しておくことも大切です。

書類審査の時点で学歴や保有資格についてチェックされるものですが、その他のスキルは面接で話題になることもあります。

面接時に的確に説明できるようにしておけば、自己アピールにつながり、評価も高くなります。

企業研究も重要ですが、自己分析も納得のいくまでやっておくことで、再就職のチャンスがあった時に機会を有効活用できます。

自身のスキルや適性などの自己アピールをするために自己分析を充分にしておくとよいでしょう。

 

転職活動の前に 自己分析をすることが大切な理由!【転職】

 

スポンサードサーチ

再就職先の求人の意図を考える

 

企業が人材を募集するにあたって、年齢や性別、住んでいる場所などは制限することができないようになっていることをご存知ですか。

求人を行う時に条件にしていいことは、学歴や職歴、保有資格、指定業務を行えるかといった項目になっています。条件を満たせば自動的に採用ということはなく、最終的には会社が採用するかどうかを決定することになります。

求人情報を見るときには企業の本音を読み解き、求人側の意図をきちんと見極めておくことが必要になるでしょう。

一般的に採用のキャッチコピーの裏側にある企業の本音を以下の図にまとめました。(クリックすると大きくなります。)

 

 

 

まとめ

 

主婦が社会復帰を考えた時にネックになるブランクの克服方法についてまとめました。

無職期間の理由についてはよほどネガティブな理由でない限り就労意欲をアピールできればさほど心配はないものなのです。

ともあれスキルや資格はもっていた方があなたの武器になる事にこしたことはありません。

希望の再就職を果たし、無事に社会復帰するためにも今からスキルアップしていきましょう。

【登録無料】「得意」を生かして副業しませんか?ココナラ

 

rogo

最後までご覧頂きありがとうございました。

BLOGの更新はtwitterかinstagramよりお知らせしています。

azureco

ameblo
twitter
Instagram
note